ferme & miryuu

OCEANS

c0130682_16421915.jpg

映画、 OCEANS 先程観てきました~・・・・・・
と、なぜ「観てきました~・・・」なのかというと、わたくし この映画は単なる海洋ドキュメンタリーと思っていたのです。
よって、映画館も近所だし、財布と携帯だけ持ってふら~っと観にいったわけなんですが、、、
不覚にもこの映画で泣いちゃいました・・・。。

どうしてこの海洋映画であんなに涙が出てしまったんだろう・・・・・・??

自分も まさか泣くとは思ってもいなかったので、もちろんハンカチなど持参しておらず、映画の終盤に、
「・・・そろそろ終わって明るくなっちゃう!」と焦り、あわてて涙を乾かしつつ、ようやく収めたというのに
エンディングでこれでもか!と言わんばかりに 例の綾香ちゃんのエンディングテーマが壮大に流れはじめ、、
これまたこの曲の歌詞がこの映画にぴったりすぎて、せっかく一度止めた涙が大放流・・・・・・・ 
・・・と、いうわけで、この際かっこつけるのはあきらめて、思う存分号泣せていただきました(笑)

とはいえ、その涙って感動の涙じゃないんですよね。

人間って自然からこんなにも毎日恩恵を賜りながらも、自然に対してなんて罪深い生物なんだ・・ っていう自覚と、
今まで海の中にいる生物って、「魚」とか「生物」という呼び名のイメージだったんですが、
なんだかここにゴロンとしているフェルメとたいして変わらないんだな・・ っていうところとか。
・・・つまり、みんなおなじ 「今を生きる動物」 なんですよね。

いろいろなものを もっともっと大事にしなきゃ~、、、と思いました。
見る人が見れば、普通の海洋映画かもしれませんが・・・・・・

わたしにとってはものすごく深い深い映画でございました。。。

もしかしたら、小学校中学年くらいの子の情操教材にしてもいいんじゃないかな?と思いましたよ。
あえて中学年以上というのは、、、、
低学年もしくはそれ以下の年齢だと、、、たぶんまだこういう 「痛み」 の感覚を
あの映像から「理解」することは 難しいんじゃないかな・・・

そうつまり、私は痛みで涙が出てしまったんです。

by miryuu_farm | 2010-01-27 17:10 | ◎miryuuの日常◎
<< 凹カステラ、おいしい おせき >>