ferme & miryuu

テルミール について

c0130682_22543219.jpg


本日は、いちおう?本業の専門職らしいお題です。

みなさんのブログもそうだと思いますが、エキサイトのブログは 自分のブログを覗きに来た方が
どういう語呂の検索でたどり着いたかを確認することができます。

ちなみに、私のところへはダントツ多い語呂が 「イタグレ フェルメ」 です。
あとは、「イタグレ」 とか 「犬 イタリアン」 とか、やっぱりフェルメ(犬)に関連したキーワードが多いです。

が・・・・・・

ここ数日、なぜか急にぐん!と数字を伸ばしているキーワードがあります。 それは・・・・・・

テルミール」。    ・・ きっと9割くらいの方は、 「ん?それ何??」 という反応だと思います。

去年 1度だけテルミールの記事を書いたことがあります。
それにひっかかり、私のブログにヒットしているものと思います。
 
これを検索している方は、ご自分もしくはご家族がご病気でご入院中・・ もしくは療養中の方かとお察しします。
テルミールについてはメーカーのHPがあるので、そこで情報は網羅できるはずですが、それ以外の情報
を検索されているということは 味とかテクスチャー的なものや実際の使用感?などの情報がお知りになりたい
のかな? と勝手に推察しています。 ・・少しでもお役に立てればと思いますが。

味はポピュラーなミニのほうは4種類出ていますが、いちばん自然で飲みやすかったのは私自身の感想と
患者さん方の感想を合わせますとやっぱり 「麦茶味」 と「コーヒー味」 かな?と思います。
が・・・125mlで200kcalという、なんでも 「世界初」 の 「少量=高カロリー飲料」 という呼び名にふさわしく
飲み口はかなり油っこい感じと申しますか、ねっとり、こってり・・という感じで、ひとくち飲むにも苦労がいります。
ですので、おいしいか、おいしくないか?と言われると 正直私個人は・・・ 「あまりおいしくなかった」 です。
が、、、実際これをお飲みになっている末期がん患者さんの感想を聞くと、多くの方が

「(おいしくはないけど) でも・・・これを飲むほうが、食事をするより楽・・・かな」 と言います。 

それくらい、がん末期においては 健康な時には楽しみのはずの食事が「不快」になってしまう事があるんですよね。
テルミールは、食事が理想的な量を取れなくなってしまった方に食事箋で処方されることが多いですが、
同じがん治療中であっても、がんの化学療法の真っ最中の方にはNANDAの看護診断で 
「1.6.2.1.2.2 皮膚統合性障害のリスク状態」 
等の診断がつけば ナースが診断結果を元に さらに皮膚統合に必要なビタミンが強化されたゼリー類
などを合わせてオーダーすることもできます。
(ただし、ナースがここまで判断権限を持てているのは現実的に大学病院等の大規模病院に限られる可能性が高いです)

ですので、テルミールはあくまでも食事に+アルファという利用法が好ましく、治療過程によってもまた必要な
栄養素やカロリーも変わりますから、栄養課のチームと綿密に連絡を取り合い、摂取状況や朝・昼・晩の味を
毎回変えるなどの工夫と計画性が大事になってくると思います。

院内のことばかりですが、実際に介護などでお使いになりたい場合はHPから通販でも入手できますし、
主要な有名大学病院であれば、だいたいは売店で一般の方も購入可能です。
箱買いはちょっと・・・という方は、まずは病院の売店などで何本か購入し、お試しされるのがよいかと思います。

たいした情報ではありませんが、、、
テルミール検索でたどり着いた方で何かお聞きになりたいことがありましたらいつでもどうぞ。。。

by miryuu_farm | 2010-05-23 22:57 | ◎つぶやき◎
<< おやすみなさい 瓶シリーズ >>