ferme & miryuu

用紙試し

c0130682_16564657.jpg


先日の PSE の授業の時に、先生から用紙選びについてのお話がありました。
我が家に高機能の!プリンターも来たことなので、まずは先生オススメの用紙と それ以外に
いくつかのメーカーで自分が興味を持った印刷用紙を何種類か買って帰ってきました。

色々やってみて思うのは、被写体が 何か ・ 色合い ・ 人かモノか花か、光源は何か・・・・・
によって、それぞれ作品の状態が違うので、それぞれ紙を好みで使い分けるとよいのかな?という感覚。
同じ被写体を同じ印刷条件でプリントしても、こちらの写真のように色合いの印象が微妙に変わります。

・・・なので、ムダ使いかもしれませんが 今は同じ被写体をプリントする時に、
それぞれ違う4種類くらいの用紙で同じ被写体をプリントアウトして出来上がり具合をみています。

そうこうしているうちに テクスチャー的に気に入っている用紙が3種類くらいに絞られてきました。

上の写真の用紙は、

◎左側の用紙が 「KOKUYO インクジェットプリンタ用紙 写真用紙 絹目 印画紙原紙」 というもので
◎右側の用紙が 「KOKUYO インクジェットプリンタ用紙 白 はがき用紙厚手 高画質マット紙」 です。


絹目の用紙は、光沢紙とは違ってテカテカしないものの かなり鮮明なプリントになります。
個人的な感覚では 開放値の写真よりも、少し絞り気味のクリアな写真にはとっても向いていると思いました。

あとは、ポートレートで特に肌の質感がなめらかな人物(いわゆる子どもの撮影)の場合は、

◎「EPSON 写真用紙 絹目調 宛名面マット」 がとってもお肌がきれいに印象的に仕上がりました~☆

ちなみに、フェルメ(動物)をプリントする時は 撮影条件によってベストな用紙が変わりますね。
お昼間の明るいLIVING PHOTOの時は、マット紙がきれいでしたし、
夜に間接照明下で撮ったものは絹目用紙のほうがなめらかできれいな感じに仕上がります~

どちらの用紙も裏面に郵便番号枠のあり・なしを選べますので、
撮影した写真をハガキとして送るかどうかで決められるところもよいな~☆と思いました。

by miryuu_farm | 2010-06-09 16:07 | ◎カメラ・フォト◎
<< あじさい 違う色合い >>