ferme & miryuu

ブリード・レスキュー

c0130682_2343380.jpg


少し前、mixiのイタグレコミュに 「埼玉保健所でイタグレ2頭保護中」という記事が出ていました。
おさんぽ中に迷子になってしまったのかな?と思っていましたが、その後も同じ地区で
またイタグレの子が保健所に収容・・・また保護、またまた・・・と言っているうちに、
あっという間に10頭を超え、これは悪徳ブリーダーが委棄したんではないか・・・と思いました。

14日に、テレビやネットのニュースで報道されてから 引き取り手も多数希望者があるとのことで
すべての子が殺処分にならないでどこかのおうちに引き取られて幸せになることを祈ります。。。



以前はなかったことですが、最近イタグレはペットショップでも見かけるようになりました。
パピーの頃のイタグレは本当にかわいくて・・・かわいさだけで購入する人もいると思います。
ですが、イタグレほどパピーの頃と成犬の容姿が違う犬もいないでしょう。
見た目だけでも「こんなはずじゃなかった・・・」というケースも少なからずあるんでしょうね。。。

性格も、他犬種に比較すると難しいのかもしれません。
有名なブリーダーさんも 「イタグレを飼育できたら、他の犬種は手がかからないでしょう」
というくらいですから、イタリアン・グレイハウンドという犬の飼育は容易ではないのかもしれません。
mixiコミュにも
「他の犬種の飼育歴はありますが、なかなか同じようにいきません!イタグレのしつけはどうすれば?」
というSOSスレッドもよく見かけます。

甘えん坊で遊び好き、大胆なところもあるけど、臆病なところもあって、
想定外の出来事にはパニックになることもあり・・・
何より、人のように「気持ち」で関わってくる犬ですのでそういう意味では いわゆる一般的な
「犬然」としたわんちゃんをイメージしている人にはあまり向かないのかもしれません。。

私が個人的に感じていることは、

「人間の3~4歳児と同じようないきものと暮らす気持ちと金銭的余裕があれば イタグレと生活できるのかな?」

というところです。

ちょっと大げさかもしれませんが、イタグレとはそういう犬種だと思います。。。
「犬」だと思って犬のように接していればそれでいい・・・という犬種ではありませんよね?

(イタグレオーナーさんはおわかりいただけるはず)

もし、これからイタグレを迎えようかどうか、迷っている方がいらしたら・・・
まずちょっと普通の犬とは若干違うことをご理解していただき・・・
イタグレの祖先や性格、傾向などを勉強していただき・・・
そういうところこそが彼らの魅力!と思えたなら・・・
と、思います。


埼玉の22頭の子が、早くどこかのあたたかで幸せなおうちでゆっくり過ごせますように・・・・・・

by miryuu_farm | 2010-10-16 00:16 | ◎つぶやき◎
<< 土曜日 クリスマスが~! >>