ferme & miryuu

おじさまがたとご一緒に(笑)

c0130682_21563828.jpg


             今日は夕方から楽しみにしていた講座に出かけてきました~☆ 
             プロカメラマン 藤城一朗先生の 「RAW現像講座」です。

             フィルムでは、祖父が現像を自分でしていたところをよくみかけていました。
             なので、デジタルにしたからにはいつかは RAW の勉強もしたいな~・・・ とずっと思っていたのでした。
             が、基礎知識もあやふやなまま自己流に始めてしまうと、操作の感覚としてPSEとさほど変わらなくなるような危惧もあって
             RAW現像はまったく違う概念であるということを自分なりに意識してからにしよう~と決めていました。

             そしてやっぱり今日の講座は、予測通り参加者は 「女子=私オンリー」でした(笑)
             巷で流行りの 「カメラ女子」 には、RAWなんて世界はまったく必要ありませんのでね。。
             そんな訳で、おじさまたちと一緒に楽しく?お勉強してきました~☆

             RAWときたからには、当然フィルム時代の話も出てきたり、目からうろこの楽しい話がいっぱい!



c0130682_2114051.jpg


             私はたまたま カメラもPCもSONYで、しかもPCはタイプFに NVIDIAのGEFORCEのディスプレイにしています。
             このたまたまの組み合わせが、αカメラを使用し編集するときの超・ベストな組み合わせらしくっ!
             この組み合わせだと、カメラで撮影したクオリティがPC上でほぼ100%に近い状態でディスプレイに再現できるのだとか。
             
             おまけに今まで無視して梱包のままにしていたアルファのソフト。 これがものすごくお役立ちなえらい子でした。
             RAW現像をするとき、ものすごく便利です。

             また、何かとカメラの知識のない方々には(いわゆるカメラ=CanonかNikonだろ?とよく仰る方々・・・)
             軽く見られがちなSONYのカメラですが・・・・・・やっぱり私の目に間違いはなかった(笑)ことが発覚!

             プロのカメラマンの先生が、各社の色表現の階調テストを行ってみたところ、◎社のフルサイズより
             明らかにSONYのアルファ55のほうが階調表現範囲が広いことがわかったそうなんです~!!!
             フルサイズより、階調表現の優れたAPS-C・・・・・・ これってすごくないですか???

             
             今思えば、だからこそSONYは 550の時にどこよりも早くハイ・ダイナミックレンジをカメラに搭載したのかな~と。。
             自社の強みがダイナミックレンジであることを堂々とアピールした訳なんですね~。。なるほど・・・
             これにはちょっと感動しました。 アルファ55、はじめは感覚に若干の抵抗がありましたが・・・
             使ってくるうちにいいカメラだな・・・と最近実感しはじめてきたところでしたので。。
             
             ・・・こうしたカメラにまつわるいろいろなお話も聞けて、大満足な講座でした~☆

             せっかくなので、今日の2枚は RAW現像してみました。1枚目は銀座エルメスのディスプレイです。 
             2枚目は、いつものフェルメ。 現像チェックの時に、白とびしていないかドキドキでしたが・・・
             この写真、一見白とびしていそうに見えますよね・・・! でもしていないのですよ~☆ 
             残念ながらブログにはRAWのまま載せられないので現像したものをまたJPEGに変換したものではありますが。。。 
             う~ん、楽しい☆ RAWの世界にどっぷりと、はまりそうです。。

by miryuu_farm | 2010-11-27 21:59 | ◎フォトレッスン◎
<< ようやくひといき。 ねむ・ねむ >>