ferme & miryuu

フェルメ一ヶ月

fermeが我が家にきてから一ヶ月。
なんだかんだとやっていたらもう一ヶ月!!! 早い!!!

c0130682_24827100.jpg


最初はあんなにブルブル震えていたフェルメも、最近では我が家にめっきり慣れて
遊んだり、走ったり、ジャンプしたりと大忙し♪
最近、以前のフードからプレミアムフードに切り替えが完了したせいもあってか、
毛艶も前よりもよくなってきて、ごはんももりもりとよく食べ、健康そのもの。

最後の課題だったお散歩は、、、あんなにブルブル固まっていたのに、、、
これまた昨日突然歩けるようになりました。

・・・なぜ???

何かあったかと考えてみると、歩けるようになった2日ほど前から、一緒に寝るように。。。

仕事柄、お留守番は避けられないから、留守中の「分離不安」を避けるためにも
(一緒にいすぎて依存すると、飼い主が出掛けると精神的なパニックなどをおこしやすい)
わざと寝るときは別々の部屋にしていたんだけど、、、

2日前、フェルメがめずらしく遠慮がちに甘えてくるので、パピーのうちは色々なことをやって
みた上で、この子の傾向をみてみよう!というわたしの勝手な教育方針にて、
一度ためしに一緒に寝てみたら、、、翌朝のフェルメの動き?表情がぜんぜん違う。
一緒に寝た後のほうが、フェルメは不思議と とっても落ち着いているんです。

しつけ本とかを読んで、分離不安のために寝るのは絶対別に!と思っていたけれど、
よくよく考えるとうちは月に4度の夜勤のときは、強制的にひとりで寝せているわけだし、
それ以外は一緒に寝ても毎日のことではないのでいいのかな~・・・と。
そう考えると、、、、
毎日同じ時間に同じことが起きると、犬も自分で行動をコントロールしたくなるみたいで
(ごはんをくれ!とか、散歩につれてけ!とか、主人との立場が逆になるあぶない状態)
案外、不規則な生活で変化があったほうが犬にとっては依存を生みにくくてよいのかも。。。

イタグレに共通する性格に 『甘えん坊』 というのがあるんだけど、一緒に寝るように
なってからというもの、フェルメはそのすごく甘えん坊な性格を発揮して、ぴた~っ☆☆☆
っと、わたしに密着してくる。そうやって堂々と甘えるようになったから、お外にいっても
頑張れる安心感が持てるようになったのかなあ・・・と、勝手に分析。。。

とはいえ、、、
歩けるようにとはいっても、正直おっかなびっくり私のあとにひたすらついてきてるって
感じで、進む方向もめちゃめちゃだし、きれいに、おしゃまにはまだまだ歩けないけど・・・
でも、公園の真ん中で「銅像」になっていたあの頃に比べれば!!!(笑)



先日、本屋で 犬が主人に対して思っている10箇条という有名なフレーズがあるんだけど
(おそらく、たいていの愛犬家なら、誰もが知っている犬からのメッセージというもの)
改めてその10箇条を読んだら、本屋でぐっと胸に込み上げるものがあって、
その場で泣いてしまいそうになったので
すぐにその本を置いて本屋を立ち去りました。

あなたには、外に職場や友人がいるかもしれない。
だけれども、わたしにはあなたしかいない。 ・・・とか、
私は10年そこそこしか生きられない、
だからわたしが年をとって老犬になって介護が必要になっても一緒にいてほしい、、、
とか・・・ 表現はもっと違う文章なんですが、内容はこんな感じの10項目。

これは動物愛護の観点からも、有名すぎる文章で、以前から知識として知っていた
ことは知っていたんだけれど、実際に犬を飼い、ともに生活するようになると、こんなにも
実感のこもった文章だったのかとぐっときてしまったんです。。。

私自身、年をとったせいもあるけど、こんなので涙ぐむなんてやっぱり近くに自分とは
別の命があるということは、こういう実感を持つことなんだと改めて感じ入りました。

c0130682_249495.jpg

c0130682_2525471.jpg


そう考えると、フェルは親ばかかもしれないけれど、本当にいい子だなあ・・・

こんなに性格のいい犬をはじめに飼ってしまったら、あとが大変なんだろうなあ。。。

ほんとうに、数多あるめぐりあいのなかから、うちにきてくれてありがとね、フェルメ。

c0130682_2513386.jpg


by miryuu_farm | 2007-09-24 10:30 | ★まいにち・ひび★
<< やればできるじゃない♪ お散歩訓練♪ >>