ferme & miryuu

カテゴリ:◎つぶやき◎( 32 )


であい

c0130682_23145166.jpg


最近、色々な出会いがあります。

だいたいは、自分が『行ってみたい!』『この人にお会いしてみたい!』という流れで出会うもの。
よく、心理学でも、引き寄せの法則って言われますが、本当にそうだな。。と実感します。

自分の現状レベルや課題となる人が、近寄ってくる。
調子が悪いときは、悪い人が近寄ってくるし、良いときは出会いも素晴らしくなる。

この3~5年前くらいの時期かな?
人の見てはいけないイヤ~な裏の部分が丸見えになったりした時期があって、
あれが、自分のターニングポイントといいますか、今思えば起こって良かった出来事でした。

世の成功している方々が、よく『人間関係も適宜デトックスが必要!』と言っていますが、
その意味を実感・痛感させられる時期でした。

それ以降、不思議なくらい、自分のまわりから、愚痴や不満や人の批評ばかりするような人達が、
次々と自然にすーっといなくなりましたね。
神様から、『そこのレベルに留まりなさるな。早く次のステージに行きなさい』
と言われたような出来事でした。

まわりに合わせることもスキルのひとつとしては必要ではありますが、
やはり大事な人間関係は自分の感性と相談しながら厳選したいと思います。
まわりにいる人は、自分の鏡ですものね。
澱む人と一緒にいると、自分も澱むし、キラキラしてる人といると、自分もお福分けができるし。

前置きが長くなりましたが、そういう時期を経て今があるなぁと、ありがたく思います。

自分が素敵と思う人に会いに行ったら、
また別の素敵な人にお会いできて、
ひょんなことから素敵な人のお役に立てたと思ったら、
またその先のさらに素敵な方のお役に立てました!
まさかの展開に、本当に感謝です。

肌寒くなってきた今日この頃、なんとなく、色々と楽しみになってきました。

素敵な人のつながりに、改めて感謝です。
年末まで、あと2ヶ月ちょっと、がんばろう~🎵


by miryuu_farm | 2015-10-22 22:45 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)

焼肉の流儀

c0130682_22305255.jpg


先日、友人から、

『miryuu はしょっちゅう焼肉に行くんだね~✨』

と言われ、その流れで、焼肉を食べるときの流儀の話に。

旦那さまやパートナーと、2人で焼肉に行ったとき、どんなふうな段取りで進むのか?という。。。

私のケースでは、(なんか、ケーススタディみたい)基本、焼肉の段取りはすべて彼が仕切ります。
私は。。。
座って食べているだけ。。(笑)

もともと、私自身が焼肉の流儀といいますか、何から先に食べてどれが〆か、、
みたいな知識がまるでないところもあるので、彼がお肉を焼いてくれて、
食べごろのお肉を次々とお皿に入れてくれます。
私は、それを食べる、食べるっ!(笑)

食事の場って、基本的に女性の得意ジャンルなので、女性が仕切ることも多いと思います。
現に我が家も、焼肉以外の例えばサラダとか、スープなどの取り分けは私がするのですが、お肉はなぜか最初から最後まで完璧にやってもらえます。

食べごろのお肉を、

『はい、食べなさ~い』

と、お皿に入れてもらうと、なにやら童心に帰ったような気持ちになり、嬉しくなります。(笑)

お肉も大好きなのでよく焼肉に行くのですが、焼肉の時のこのやりとりが好きで、ついリクエストしてしまいます。

焼肉って、色々な意味で幸せ度の高い食べ物ですよね。



by miryuu_farm | 2015-08-12 22:10 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)

もう、20年近く

c0130682_23591232.jpg


今日、本当に偶然に、とある1枚の写真を見ることに。

もう、とっくに忘れていたと思っていたことなのに、
ことあるごとに、ふと思い出されることがあり、
頭の片隅に ごくごくちいさく、消えずに残っていたんだなぁ。。

写真には、私が知りたかった全てが写っており、
それにまた安心し、ようやく私の中で何かが終わった気がした。

20年近く、自分では、とっくに忘れていたり、終わったと思っていたことが、
実は心の中では違う仕組みで処理されてしまうことが、不思議ながらあるのだね。。

良かった。

孤高なる君よ、いつまでも、穏やかに。

そして、元気でね。

ありがとう。





by miryuu_farm | 2015-03-24 23:57 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)

わたしの人生

今日から12月。

お正月に、同僚たちと

『今年も始まっちゃったから、あっという間に終わるね』

と話したことが、ついこないだのことのよう。

毎年毎年そうだけど、今年は更に早かった。
そして、この1年は、本当に沢山色々なことがありました。
悲しい出来事やびっくりさせられる出来事もあったけど、楽しいことも沢山あったな。

そして、今年ほど、『私の人生』 という視点で物事を考えさせられたことはなかった気がする。

私の人生は、どうなるのか。
私は人生を、どうしていきたいのか。
家族や、愛する人は、私にどういう人生を歩んでほしいのか。

思い描いていたものと違っても、答えはひとつではないのだろうし
人と同じではなくても、間違ってはいないのだろうし。

人と同じところを目指しても、かたちがなかなかぼんやりして見えず、
この年末に差し掛かってから、ようやく心が決まってきたというか、
子どもの頃から人と同じことをさせられるのがイヤだったから
やっぱり私は、私らしくでよいのかも、と。

私の人生。
やっぱり、楽しく!面白く!だけでは味気なく。
目の前に起こる出来事から、神様は私に何を悟り、
学びなさいと言っているのかと自問自答するのが、たぶん私の人生。

子どもの頃から、そうしてきたから、
たぶんこれからも、ずっとそうしていくと思う。

自分はいつだって、心持ち次第でしあわせを感じられる人間だから、
私の大事な人たちが、いつもしあわせでいてくれたら、それで充分。

今年も、素敵な1年でした。
あと1ヶ月、よい締め括りの時間になりますように。






by miryuu_farm | 2014-12-01 14:43 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)

やしきたかじんさん

c0130682_23214965.jpg


今夜の金スマ、大号泣してしまいました。(>_<)

やしきたかじんさんと、若い奥様の物語。

たかじんさんって、関東では殆どテレビでも見たことがなく
名前だけは知っていましたが、どんな方なのか、まったく知りませんでした。
関西の方々には、親しみ深い方なんでしょうね。

週刊誌なんて読まないので、若い奥様がいたことも知りませんでしたが
この本、明日早速買って、読もうと思いました。

この本、私の家族にも読んでもらいたいなぁ。。と。
あともう2人、この本を個人的にプレゼントしたい人がいます。

昔から、、、
私がこうだと、人生の最期とは、こうあってくれたらいいなということが、書いてある気がします。
だから読んでみたい。

よく、年の差婚とかいう表現がありますが、関係ないですよね。
人と人が分かり合うのに、年齢なんて無意味な気がする。

たかじんさんの豪快ぶりと、繊細さが、よく知る人に似ており、
ついつい感情移入しながら見てしまいました。

人生の最期に、愛する人に出会って、その人に看取られて、幸せで、本当によかった。。







by miryuu_farm | 2014-11-07 23:20 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)

11月

c0130682_1944018.jpg


もう、11月になってしまいました。
毎年思うことですが、早いですね。

最近、思うところがある、とある出来事が。

人の感情と、社会の仕組みが合致すると、混沌とします。

人それぞれなんだけど。。。

すでに崩壊したものにこだわらないと、生きられない人もいるのだと。

すでに形無い物なのに、そこに利潤が伴えば、
損い続けながらでも、
利潤を追求し続ける人もいるのだと。

それぞれのお立場で、どんな事情があるのかは、わからないけれど。
相手の存在や思考まで、縛りつけてしまってはいけない。

私は、

『許せる人』じゃなく

『赦せる人』でありたい。

ということが、生きて行く上での、ささやかなポリシーである人間です。

by Miryuu_farm | 2014-11-01 18:42 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)

フェルメ

c0130682_23224835.jpg




フェルメ。

ママはフェルメを、あの緑いっぱいの町から、こんな都会の真ん中に
連れてきて良かったものかと、思ったことがありました。

でも、連れてきて良かった。
本当に良かった。

あのタイミングは、奇跡的だったのかもしれない。
フェルメの犬生の、分かれ目だったのかもしれない。

通常より大きくなって、つまり、売れ残っていたフェルメ。
それでもママは、フェルメを見たとき、この子しかいないと思ったよ。
出会いって、きっと、そういうものだよね。

ものすごいビビりで、うちに来たばかりのときは匍匐前進しかしなくて。

男の人、とくに作業着や、ジャージみたいなラフな服装の男性が大嫌いで。

おさんぽで、こういうタイプの男性とすれ違うだけでも、必死に逃げ回って。

そんなフェルメがかわいくて、ママが守ってあげねばと思ったけれど、
やっぱりそれには、ちゃんと理由があったんだね。

フェルメが、昔、いっしょに遊んだかもしれないお友達は、今、どこでどうしているんだろう?
フェルメを産んでくれた、パパとママは??

ママもフェルメも、こんなに毎日楽しいのに。

みんなもどこかで、楽しくしてくれていたらいいのに。

だからママは、みんなの分まで、フェルメが楽しく過ごせるように、がんばるね。

フェルメが幸せだったら、みんなにも、少しおすそ分けできる気がしています。

かわいいフェルメ。
うちに来てくれて、本当にありがとう。

いえ、もっと辛辣な言い方をするならば、

フェルメをそこから救い出すことができて、本当に良かった。

********************************

今回の崩壊レスキューの件で、わたしのブログに辿り着いたみなさま。
ご質問等ございましたら、コメント欄に鍵付きでお願い致します。

(追記)
今回、非常に大規模崩壊レスキューですので、里親会では物資や資金など諸々不足しているようです。
イタグレ、ボルゾイ、ウィペット等のサイトハウンドオーナーのみなさま、
もしよろしければ、こちらへ物資支援・資金寄付等のお心寄りをいただけますと幸いです。

●物資支援のご案内 
http://www.petsatooyakai.com/#!aid/c241c

●寄付金のご案内  http://www.petsatooyakai.com/#!donations/cyrn










by miryuu_farm | 2014-07-09 23:21 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)

東日本大震災から2年


      今日で、東日本大震災から2年が経ちます。

      この2年、早かったのか遅かったのか いまひとつ自分の中で感覚が鈍っています。

      2年前の今頃、ちょうど会社のランチタイムが終わって午後の仕事に取り掛かったところです。

      はっきり鮮明に覚えていますけれど、でも2年前のことなのか・・・・と思うと強烈な体験すぎて時間軸が少し鈍るのです。

      *

      被災地はこれといって大きな復興の動きもなく、外からの支援が大きい町とそうでない町の変化も大きいのかな。。

      津波がなければ阪神淡路の時にようにすぐに建設が始まっていたのでしょうけど、津波の影響で建設に規制が
  

      かかっていたり、自分の土地なのに海沿いにあることでなかなか自由に売買や身動きできなかったり・・・・

      建物が建ってくると、町にも活気が生まれてくるので 早くそういう流れになってくれるといいな・・・と思います。

      被災地の復興を祈りつつ、自分も改めて防災意識も見直しつつ。。。。

      今日はたまたまとはいえお休みをいただけたので、時間には黙祷をしたいと思います。




      

by miryuu_farm | 2013-03-11 13:12 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)

雪 & 古文書目録

     昨日の天気予報で、明日(1/14)は都内も雪かも。。。 とやっていましたが、予報的中! さっきから雪が降ってます☆
     今日はお休みなので、家の中から雪をぬくぬく眺めています。 仕事だったら電車とか止まりそうで危なかったですが・・・

     *

     そんなわけで雪ですし、さんぽも行けないので 部屋の中の片付けでもしようと思いつき 朝からいらない書類を
     捨てたりして仕分けしていたのですが。。。

     数年前に miryuu家の叔父から届いた手紙が出てきまして、この直系の叔父は都内に住んでいるのですが
     本家のある盛岡と東京でお仏壇の魂が二分されてしまうのはよくないので 盛岡のお仏壇から魂抜きをして
     東京のお仏壇に魂入れの手続きをしますね・・・ という連絡でした。
     それと一緒に、蔵に手付かずで保管してあった古文書などを南部家の研究をされている郷土史家さんに
     解読してもらい、歴史的に価値のあるものは県の公民館などで保管・展示していただくことに。。。というものでした。

     この手紙をもらったのは、たしか少なくとも 9~10年前のことで 当時は自分も若かった!?ですし ざっと読んで
     「直系で古文書を私的管理するのも大変だと思うので賛成しま~す」 というくらいの認識しかありませんでした。

     が・・・ さきほどたまたまこの手紙を見つけて、miryuu家の古文書目録などを改めてよくよく見直してみると、
     なんというか面白いというか 歴史を感じるというかこんな時代にも今と同じように政治があって、藩(県)があって・・・・ 
     っていうちゃんとした営みがあったんだなあ・・・と。。

     現物で残っている書物で一番古い年号が、寛永の「鞭策伝書」というものなのですが、よくよく見てみると
     鞭策伝書以外にも 「一和流馬術 極之巻」 なんて絵巻物とかがあったりで、ご先祖様は馬術の勉強を
     していたのだねえ。。。 と思ってみたり。 どうりで自分も馬好きなわけです。

     寛永という時代を調べてみますと、わかりやすいところで徳川家光の時代のようです。
     起きた出来事を見てみると、 「島原の乱」。 おお~、、、受験のとき覚えたな(笑)

     文書や巻物にはすべて年号と記載した人、もしくは受取人の名前なども書いてあるようで、寛永の頃は
     「 miryuu(苗字) 源左ヱ門さん」 とか、 いかにもこの時代っぽい名前が出てきますが、以外や以外、
     少し時代が進んで延宝(1670年代)くらいになると、 「miryuu 隼太さん」 とか、 「miryuu 利綱さん」 とか
     かなり今っぽい感じの名前に変わっています。 こういうの、その時代の流れというか流行りみたいなものも
     あったのでしょうね。。。☆
     



          

by miryuu_farm | 2013-01-14 12:08 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)

幻のダイオウイカ

c0130682_2293423.jpg   世界初のあまりにも貴重な映像なので、、、、
   主要な写真にはすべてディスカバリーチャンネルとNHKのコピーライトがかかっており。。。
   こんなちっちゃい参考写真しか見つけられませんでしたが・・・・・!!

   NHKスペシャル、見ましたか??? 
   深海に生きる幻の巨大生物・ダイオウイカの世界初の映像!
   ひさしぶりにテレビにかじりついて見ちゃいました!! もう大興奮です。
   なんてキレイだったんでしょう。。


   子どもの頃からずっと 「ダイオウイカ」 のニュースを見るのが好きでした(笑) 化け物? いや、海洋生物? ・・・などなどの
   神秘的なイメージが子ども心に大好きで、ニュースで 「海岸に6mのダイオウイカが打ち上げられました!」とかいう
   ニュースが出ると、食い入るように見てましたね~。。。☆

   これまでは実際に映像もなかったですし、打ちあがった死骸からしか痕跡がないいきものなので 幻の深海生物といわれてましたが。。
   世界初のこの映像、超・圧巻でした。。 なんといってもすごくきれい。 キラキラ光ってましたね~。。。

   いやあ、、、感動がさめやらないです。 しかもダイオウイカの研究は、日本の研究者が中心になって行われていたようで
   そのこともなんだか嬉しかったですねえ。。。  ああ・・・・テレビで大いに感動しました。

   海水浴は嫌いですし、スキューバダイビングにもまったく興味はない私ですが、「海」って好きなんですよね。
   まだまだ人間が知らない深い世界があるんだろうなあ。。。というところが好きです。

   でも、海は、地上のように人間が勝手に土足で踏み込んで荒らしてはいけない場所とも思っているので。。。。
   海の営みを壊さないようにお願いしつつ、、、こういう神秘的な研究が進むとわくわくしてしまいます。

   お正月に、同じくNHKで アリューシャンマジックとかもやっていましたが・・・ 本当に海って偉大ですね。

   (★★見逃された方、17日の0時25分から再放送するそうですよ★★)

   私、絶対もう1回見ちゃいます。

by miryuu_farm | 2013-01-13 22:30 | ◎つぶやき◎ | Comments(0)